rss

次代に勝てる生産管理システムなら【MCFrame】で

生産管理今や世界企業との製造・販売競争に立ち向かう、グローバル競争の時代。多くの製造業では、今迄の製造・販売管理システムでは、企業の成長を支え切れなくなってきています。こういった時代の新しい製造・販売管理なら、【MCFrame】システムを導入する事をお勧めします。

【MCFrame】では、現状のERPシステムに不満をお感じの方に、最適な新システムを用意していて、今迄どちらかというと、パッケージソフトの導入をためらわれている方には、是非一度ご検討頂きたいと考えています。これからは、どんどん変化していくビジネス環境への柔軟な対応ができる、新しい基幹システムが要求されているのです。

そんな状況を理解して、これからのグローバルSMCの整備と再構築には、【MCFrame】の果たす役割は大きいと言えます。サイトでは、多くの企業での導入事例が紹介されていますので、こちらもご覧になってみてください。

【MCFrame】へはこちらです。
生産管理システムなら【MCFrame】
サイトをご覧になると、多くのセミナーが用意されています。どのセミナーも具体的に競争力を養っていくのは、為になるものですので、まずは、セミナーで理論武装をされて見ては如何でしょうか。お申し込みはサイトから簡単にできます。

経費削減や資源の共有化ができるサーバー仮想化について - IT価値創造塾

例えば、エクセルを利用してパソコンで資料を作成する場合、使用するパソコンにマイクロソフトオフィスのような資料作成用アプリケーションがインストールされている必要があります。一方で、アプリケーションがインストールされていないパソコンではエクセルを使用することができず、資料作成はもちろん、ファイルを開いて内容を閲覧することもできません。

しかし、サーバ仮想化ソフトウェアを利用して1台の「物理サーバ」を複数の”論理的な”リソースに分割して使用する『サーバー仮想化』という技術を使用すれば、自分のPCにアプリケーションがインストールされていなくても、サーバー上のアプリケーションを実行することで、あたかも自分のPC上にアプリケーションがインストールされているかのように実行することが可能となります。

今後、ネットワークシステムを活用する技術であるクラウド化がますます進んで行くことが予想され、実際すでに「経費削減」や「有効資源の共有化」を進める企業の中にはサーバー仮想化に取り組み始めている企業も少なくありません。また、企業だけでなく官公庁や医療機関でも仮想化システムの導入の検討を始めているところがでてきています。

さらに、データセンターなどにサーバー共有化ができるコンピューターを設置しておけば、災害時や緊急時であっても出先機関や自宅からシステムを利用することが可能となり、突然、社内システムに災害による障害が発生したとしても、業務を一切停止することなく、継続して業務を行うことが可能となります。このように、サーバー仮想化は災害時に役に立つ次世代システムでもあるのです。
サーバー仮想化

IT価値創造塾が提供しているサーバー仮想化について、より詳しい情報に関しては、サーバー仮想化と言えばこちらをご覧ください。